美魔女が夜な夜な試すケア|アスコルビン酸は若返りに効果的な成分

家族

閉経に伴う不調を改善する

漢方

不快な症状が起こる理由

女性の更年期と呼ばれる時期は、一般に閉経をはさんだ前後の10年間を指します。日本の女性の平均閉経年齢がおよそ51歳であることから、だいたい40代半ばから50代半ばがこれに当たります。更年期の特徴として、イライラや鬱的な状態、暑くもないのに急に発汗する、のぼせやほてり、むくみやだるさ等、心身に不快な症状が現れやすくなると言われています。こうした更年期の不調が更年期障害です。更年期障害は、閉経を迎えるにあたり女性ホルモンの分泌が減少することで起こると言われています。つまり、足りなくなった女性ホルモンを補充すれば改善が可能となるのです。病院の婦人科や更年期外来では、更年期障害の治療にこのホルモン補充療法が行われています。ホルモン補充療法は、代表的な症状の発汗やほてり、のぼせといったホットフラッシュに特に有効という特徴を持つことが知られています。

この他の改善方法

ホルモン補充療法は、更年期障害を根本から治療できる非常に有効な方法です。しかし、乳癌のリスクが高まる可能性があるといわれ、また体質や既往症によっては利用できないとされているのです。そこで、この他の改善方法として注目されているのが漢方による治療です。漢方は、副作用のリスクがほとんどなく穏やかな効き目であることから、人気の高い治療方法です。さらに更年期障害の症状を抑えるだけでなく、土台である体質から改善していくという考えがあり、これが多くの人の支持を集めているのです。ただし気をつけたいのは、漢方はあくまで体質に合わせて選ばなければ効果を得ることが難しいことです。つまり、身近な人が効いたからそれと同じ漢方を服用したとしても、同様の効果が得られるとは限らないのです。こうしたことから、漢方を使用する際には必ず専門家に相談することが大切です。